あそべるとよたプロジェクトとは?

あそべるとよたプロジェクト とは?

みんなでアイデアを持ち寄って、まちをもっと面白くとよたのまちなかを本気であそぶ、つかいこなす!

あそべるとよたプロジェクトは、豊田市駅周辺にある開けた空間“まちなかの広場”を、“人”の活動やくつろぎの場として開放し、さらにはとよたの魅力を伝え、とよたに愛着を持てる場所として、使いこなしていく取組です。現在は日常的なにぎわいが少なく、発表の場として使うことも難しい、まちなかの広場。そんな場所で、市民・企業・行政が一体となってアイデアを出し合い、みんなの“やってみたい”ことを実現しながら、より使いやすい広場に生まれ変わるための継続的なしくみを創っていきます。広場を舞台に、日常の風景を自分たちでつくり、まちをつくっていきませんか。


プロジェクトがうまれた経緯と目的

豊田市では、都心のにぎわいや回遊性を向上させるため、「(仮)都心環境計画」の策定を進める中で、名鉄豊田市駅周辺を市民等の活動の場として位置付け、まちなか広場の整備検討をしています。この計画の策定により、豊田市の都心は‘クルマ’中心から、‘ひと’中心へ大きく変わろうとしています。
そこで、都心のまちなかの広場が、ハードの整備だけでなく、市民等の活動とまちなかのにぎわい拠点として、広く活用されるものとなるよう、まずは、現存のまちなかの広場を活用していく試行を進めていきます。その中で、将来の広場の活用アイデアや担い手を発掘し、それをハード整備に反映させていきます。
このプロジェクトは、一過性のイベントではなく、日常的ににぎわいのある風景づくりを目指し、ルールが異なる官と民の広場の管理者が協力して、一体的に活用できるしくみを整えます。

あそべるとよた推進協議会メンバー

「あそべるとよた推進協議会」は官と民の広場管理者などが構成員となり、まちなかの広場の活用やその仕組みづくりを推進する組織です。

  • 豊田市駅前開発株式会社
  • 豊田市駅前通り南開発株式会社
  • 豊田市駅東開発株式会社
  • 豊田市 公園課
  • 豊田市 商業観光課
  • 豊田市崇化館地区区長会
  • 豊田市中心市街地活性化協議会 TCCM
  • 豊田市 土木管理課
  • 豊田まちづくり株式会社
  • 事務局:豊田市 都市整備課
  • (50音順※事務局を除く)

運営

  • 有限会社ハートビートプラン
  • 広場ニスト ヤマシタユウコ
  • 株式会社こいけやクリエイト

あそべるとよたロゴマークに込めた想い

あそべるとよたプロジェクトロゴマーク

 きらきらとひかり輝いているとよたのミライを表現しつつ、ひとつひとつは人に見立てた12個のパーツになっています。
 まんなかがぽっかりあいたロゴはまちなかの広場をイメージし、12個のパーツは12ヶ月、まちなかの広場が1年中いつも人があつまり、様々な活動が行われ、楽しめる場所になってほしいという想いをこめました。
 豊田市の花、ひまわりにも見えるデザインです。

デザイン:株式会社こいけやクリエイト/西村新




ページ上部へもどる


広場使いたい人はこちら!